« 2014年9月 | トップページ

2014年10月

2014年10月13日 (月)

「主のもとに来なさい」

               第1ペテロ2章1~10節

 献堂11周年を前にみことばの約束のもと、主の御顔を仰ぎ望みましょう。
1.主のもとに
 
「主のもとに来なさい」 と勧めるペテロは、「主は、人には捨てられたが、神の目には、選ばれた、尊い生ける石」 と告白します。以前神の民でなかった私たち、今は神の憐れみによって神の民とされ、「霊の家に築き上げられる」 のです。イスラエルがすばらしくて選ばれたのではなく、すべての民の中で一番小さい者、取るに足らない者を神は 「愛ゆえに選ばれた」 のです。ここに選ばれた種族とされている根拠を見ます。
2.王である祭司
 
選びが特権であり、王である祭司は教会の尊厳性を現します。祭司は旧約時代、神に仕えた奉仕者です。罪の赦しを願い、ささげ物をする責任を負っていました。しかし2000年前イエス様は十字架により、罪を解決されました。「あなたは私の目に高価で、尊い」 との約束のもとに、「王なる祭司」 とされる尊さがあります。
3.聖なる国民
 聖書は私たちを 「聖なる国民」 と語ります。それは教会の性質を表しています。ペテロは主に愛された弟子の一人です。しかし人一倍臆病者で、短気者、また自信過剰な男でした。3度も主を否むことをしました。イエス様はこのようなペテロの弱さをよくご存じでした。イエス様は甦られた後、失意の中にあったペテロにご自身をあらわされ、「わたしの羊を飼いなさい」 と新たな使命を与えられました。この後、初代教会の立派な指導者とされました。主のゆるしの愛とお取り扱いを体験したペテロは 「主のもとに来なさい」 と力強く証言しているのです。私たちも 「主のもとに来なさい」 と招かれています。主の御前に心砕かれるとき、「愛ゆえ選ばれて」 主が豊かに取り扱ってくださっている恵みのすばらしさを体験するのです。それは 「ご自分の驚くべき光の中にあって、主の愛と救いの恵み」 の確かさを宣べ伝えるためです。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

「イエスの心」

             ヨハネ17章1~8節

 十字架を前にしたイエス様のとりなしの祈りからその心に触れてみましょう。
1.栄光を現すその時
 
「父よ。時が来ました。あなたの子があなたの栄光を現すために・・・」と祈られるイエス様です。ヨハネはこの17章でイエス様の偉大な祈りを記しています。このイエス様の祈りとその叫びが多くの人々の心を捕らえ、感動を与えています。イエス様はご自分の心を天の父なる神に委ね、何らの心の乱れ、動揺も見られません。まさにご自分の心を断ち割って見せてくださり、全世界をも包み込む広さが見られるのです。
2.永遠のいのち
 
さて永遠のいのちについて 「彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストとを知ることです。」 と語ります。イエス様が弟子たちに幾度も語り続けてきたことです。この箇所はもっともわかりやすく語っています。
 すべての人を支配する権威が与えられたイエス様が、このように確かに約束されている 「いのちの恵み」 です。ですから今私たちはキリストによって生かされています。
3.神を知る
 
私たちは以前 「神を知る」 ことから遠く離れていた者です。イエス様が十字架に付けられたとき、多くの人々がイエス様を嘲り、罵ったように私たちも同様でした。イエス様は十字架上で 「父よ。彼らをお赦しください。彼らは自分で何をしているのかわからないのです」 と祈られました。ご自分から十字架に向かわれたイエス様、そこに 「汲めども尽きない神の愛があふれています。まことの神に目が開かれるとき、その人の人生の方向が変えられます。歩むべき道が逆転するのです。神を神として崇めるとき、闇は光と変えられるのです。恥は栄光と変化します。私たちは神でなければ満たすことのできない 「心」 をもっています。神をきよいお方として知ることです。こうしてイエス様の心を知り、神の愛の深さを悟るのです。(Ⅰヨハネ4章10節)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ