« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

「黙し、神を待ち望む魂は」

                 山村論牧師

               詩篇62篇1~12節

 詩篇 62 篇は原文によると 「ただ、のみ、こそ」 という語が節の冒頭に繰り返し用いられている特徴があります。語順を意識して訳すと 「ただ、神に向かう、わが魂は黙って。私の救いは神から来る。」 となります。魂は沈黙しますが、言葉の活動を停止して黙っているのではありません。むしろ言葉は鋭く活動しています。襲い掛かる悪に対して、実態を見抜き、欺瞞と暴行を戒める発言をしています。
 5節は 「ただ神に向かえ、わが魂よ」 と魂へ命じます。魂を神に向かわせる詩人は、神こそ力の岩と避け所であることを告白し、さらに民に呼びかけて 「民よ。どんな時にも神に信頼せよ」 と語ります。エドトンは、神の宮で奉仕した指導者で、賛美しつつ預言した者でした(Ⅰ歴代25章)。王は詩篇を通して民全体に語りかけ、賛美は預言として民の心に響き渡っていきます。
 10節は 「圧制に頼るな」 「略奪にむなしい望みをかけるな」 「富が増えても、それに心を留めるな」 と呼びかけます。敵の迫害を受けるとき、力で応じたくなる衝動に駆られます。奪い取って自分の利益にできるものがあるとき、それに手を伸ばしたくなる。富を蓄積すると、そこに力の源があるように錯覚してしまう。圧制にたより、略奪に望みをかけることは、「むなしく」 「偽りだ」 と詩人は洞察しています。
 11、12節は、神が語った一つのことの中に、二つのことを聞いたと解することもできる箇所です。詩人が聴き取ったのは、力は神のものであり、恵みも主のものという二つのことだと言えます。ただ神にのみ望みを置く魂は、危険を見極め、欺瞞を暴き、忍び寄る誘惑に警戒し、信仰の姿勢を正す言葉を獲得し、結びに 「力は神のもの、恵みも主のもの」 という大切な信仰の認識を得ました。この重要な認識は、神の言葉を 「聞くこと」 によります。黙ってただ神を待ち望む、そんな芯のある信仰は、神の御言葉を聞くことを通して養われます。時代はいつも不安を増大させる方向にありますが、ただ神に向かう魂は、いつも心強いのです。御言葉の確信に立たせていただきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

「今こそ私は知る」

                   詩篇20篇1~9節

 ダビデは 「今こそ、私は知る」 と強調、神に従う指導者の揺るがない確信を表明。
1.信仰の勝利の確信とは
 ダビデは 「今こそ私は知る」 と信仰の勝利を確信。少年時代には小さな石一つで巨人ゴリアテを倒しました(第1サムエル17:45~47)。神の力に全面的に信頼し行動、勝利しています。ここに信仰の秘訣があると語ります。「ある者は戦車を誇り、ある者は馬を誇る・・・」 ダビデは 「主の御名を誇ろう」 と勧めています。神に信頼し、御旨を祈り求めるのです。
2.信仰の体験に至る人
 
「今こそ、私は知る。主は油注がれた者を救われる・・・」 と語ります。ここではダビデ自身のことであり、「王の王であるメシヤ、主キリスト」 をも指して語られています。それだけではありません。主を信じ、受け入れた私たちもすべての聖徒とともに 「油注がれた」 者です。
 私たちを取り巻く環境は、神に敵対するもので溢れています。その中で、私たちは 「主の御名を誇る歩み」 に徹していきたいものです。ダビデと同じ信仰告白に立つことが出来ます。
3.信仰ととりなしの祈り
 
この詩篇は民が王のために祈る 「とりなしの祈り」 です。新約聖書にも 「そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝が捧げられるようにしなさい。」(第1テモテ2:1)とあります。
 世界は今も、本当の平和を生み出せない苦しみの中でもがいています。人間の歴史は争いと戦争、殺戮の繰り返しです。日本は戦争終結から69年目の夏を迎えます。戦争を放棄することを宣言、非核三原則を世界に向かって表明して、憲法9条の守りがありました。
 今、私たちは何が国を救い、何が民を守り、助けるのかと危機感を持って国の指導者のために祈る必要を覚えます。国々は軍隊と武器の力を誇ります。ダビデ王は国の真の力は武器でも武力でもなく、まことの神への礼拝と、まことの神の力にあると告白します。
 ダビデ王のために多くの祈り手がおりました。ダビデ自身、困難な現実の中、王として個人的に神に直結して神を恐れ、神の偉大な力のもとに身を低くして祈る大切さを深く悟っています。私たちの信仰と祈りは多くの困難の突破口です。その真実に今こそ私たちも目が開かれるのです。私たちの確信と希望を、永遠の勝利を与えてくださる神において祈り続けましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

「一つの願い」

              詩篇27篇1~14節

 「私は一つのことを願った。・・」 と語る詩篇のみことばに傾聴しましょう。
1.一つの願い
 
ダビデの一つの願いは、一生涯、神とともに住み、神の恵みを仰ぎ見つつ、神とともに生きることでした。ダビデは若い時代から、神様からの尊い訓練によって信仰に生きることを学び、実体験した信仰の人、聖徒です。大自然のただ中で羊飼いの仕事に携わり、神様の豊かなお取り扱いの中に置かれたのです。主はこの自然の教室でダビデを信仰的に、霊的に訓練されたのです。私たちもこの神との交わりの中で、神の栄光を現すように変えられます。
2.主の御顔を慕い求める
 
主は 「わたしの顔を慕い求めよ」 と語ります。ダビデは危機的状況の中で、「主の御顔を慕い求めた」 ときがあります。息子アブシャロムに反旗をひるがえされ、生命まで危なくなったとき、ダビデはオリーブ山を泣きながら、はだしで逃げまわったのです。愛情を注いだわが息子からこのような仕打ちを受けたとき、この現状をご覧くださいと神の前に謙虚に心を決めているのです。自ら行動しようとせず、神の御旨に目が開かれています。(第Ⅱサムエル15章30節)
3.主への不動の信頼
 
「私は一つのことを願った」 と信仰を告白するダビデです。神の前にどのような優先順位をもっていたかが見えるのです。それは神と私との関係を正しく保っていくことです。なぜなら、「私のいのち日の限り、主の家に住む」 ことを祈り願ったのです。この信仰の姿勢こそ私たちが神に近づき、神の臨在に応えていく、ただ一つの方法です。今日の私たちにとって、それは人間的な熱心によって生み出されるものではありません。神の御霊によって生み出され、神ご自身が備えてくださるのです。ダビデは想像を超えたところの悩み、苦しみに感情を爆発させてはいません。神の御旨をひたすら求めて信頼し、主の御顔を慕い求めたのです。
 日本は今日、危機的な状況に置かれています。平和国家として世界の国々から信頼されてきたこの国が岐路に立っているのです。日本の将来が暗黒のトンネルのようです。今こそ私たちは 「神の御顔を慕い求め」 主への不動の信頼を告白するべき時であると考えます。
 この現状、この現実を揺れ動くことなく、「主の御手」 に委ねていきたいと思います。
 「わたしを呼べ。そうすればわたしはあなたに答え」 と語る主に不動の信頼を置くことです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

「神への信仰の応答」

              使徒9章31節  詩篇103篇1,2節

 聖霊によって導かれた私たち、主によって一段と整えて頂きましょう。
1.平安を保ち
 
エルサレム教会が困難な中にも成長できたのは、信徒たちが平安の中に聖霊の一致があったからでした。本物の平和とは、イエス・キリストの十字架の愛によって生み出されます。神のみによって与えられる 「平和」 です。十字架の血によって、罪の赦しを経験した人の心には 「神の平和」 が備えられます。エペソの町で宣教に携わったパウロが、一人一人その人の心が 「主に結びつく」 ことを切に願っております。今日の私たちにも通じる信仰の秘訣です。
2.主を恐れかしこみ
 
主を恐れかしこみつつ歩む、これがエルサレム教会の成長のカギでした。主を恐れかしこむことは、まことの神の前に 「心ひれ伏す」 ことです。イエス・キリストの十字架の愛を個人的に、現実的に受け入れたとき、神様の愛に触れて、神を恐れかしこみ、感謝があふれます。
 すべて主を恐れ、主の道に歩む者は、幸いであると聖書は語ります。人間としての祝福、家庭の祝福、国家の祝福は、主を恐れ、主の道に歩むところから生まれるのです。
3.聖霊に励まされて
 
3番目にエルサレム教会の成長は、信徒が 「聖霊の励まし」 の中を歩んだことであると語ります。聖霊は私たちの弁護者、教師、確かな導き手です。聖書は、福音が力強く浸透し、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤへと力と影響を及ぼしたと語ります。この神のわざは、聖霊が見させてくださる神の祝福です。ガリラヤには預言者は起こらないと言われ、サマリヤはユダヤ人から嫌われた地です。しかし、イエス様はサマリヤの人々の信仰を称賛されました。北赤羽キリスト教会がある浮間の地は伝道が困難と言われた場所であり、昔はサクラソウの群生する湿地帯でした。今日は都心に通勤する方々のベッドタウンとして発展、人口も増えました。神様はこの地に教会が建つように導かれたのです。今から20年前の赤羽聖書教会の宣教拡大計画を用い、実を結ぶこととなり、その時以来、今日まで聖霊の導きの中に教会は守られてきたのです。私たちの信仰生活が心に平安が与えられ、主を恐れかしこみ、聖霊に励まされていくなら喜びと感謝が溢れます。私たちが優先すべきは神への信仰の応答です。ともに集い、祈り、賛美をし、礼拝を捧げる 「教会の発展と成長」 は、主が約束されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »